このままでいいのか?食品産業で深刻な人員不足・・・

食品産業で求人を出しても、人が集まらないという記事を目にしました。

※参考資料 農業協同組合新聞

 

日本政策金融公庫さんが

食品関係企業を対象に「労働力」について調査を行ったところ

有効回答があった約2,500社の内、半数近くの1,100社が

労働力が「不足」していると回答した。

 

労働不足の原因としては

ダントツ一位で「求人に対して応募がない」となっており

募集しても人が来ないのが現状である・・・

 

次いで多いのが「離職率が高い」という回答で

そもそも人が集まらないから、働いている従業員への負担が大きくなり

採用しても続かないという、悪循環になっているのが今の食品産業界だ。

 

特に深刻なのが「飲食業界」で、労働力不足と回答した

95%以上もの企業が、求人を出しても応募がないと悩みを抱えている・・・

関連記事

時代の流れと共に複雑化!対面販売で働くことの責任と苦悩・・・

 

人が集まらない、でも企業としては求められている食品を

お客様に提供しないと存続できない、だから無理にでも人を集める!

 

もしかすると人員に余裕があれば採用しなかったような

募集している条件に見合わない人材を

人が居ないからという理由で採用している!

というケースもあるかもしれません。

 

ただ入社したばかりの知識や経験がないスタッフや

過酷な労働条件で、生産もしくは調理された食品は

品質が落ちてしまうというリスクを背負っているのです・・・

関連記事

実は・・・食品の品質と労働条件って 深いつながりがあるんだよ!!

 

しかも人員不足だと仕事を教える時間が取れない、

充分な教育が出来ていないという問題に繋がります。

 

そんな状態で作られた商品で、何か大きな食品事故が起きてしまうと

あっという間にSNSで広まり、天井知らずに

食品の品質への要求が高まります・・・

 

そして更に食品産業で働く人達への負担が増えるのです!

関連記事

人気串カツ店で外国人の留学生を不正労働!

 

簡単な道のりではないと思いますが、フードロスに目を向け!

とにかく大量生産!で、余ったら捨てていた今までの食品業界から

必要な数量だけを作ったり、余ったらフードバンクに寄付して

出来るだけ「捨てない」という

食品の「省エネ」を進める時代になったのかもしれませんね。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2017.12.7 mint

 

Translate »