そんな意味があったの?何でも順番が大事!

今日は「順番」がテーマです。

食品工場では色んなことに順番が決められています。

 

例えば手洗いをしてから手を乾燥させ

アルコール消毒をする!みたいな感じです。

 

これにはちゃんと理由があって

手が汚れていたり濡れていると

アルコール消毒の効果が、ほどんどなくなってしまうからなのです。

 

汚れている手を消毒しても、多くの微生物付着しているので

アルコール消毒では追い付かないですし

手が濡れていると、アルコールの濃度が薄まってしまって

本来の効果が発揮出来ないのです。

 

だから先に手洗いで微生物除去してから

しっかりと手を乾燥させ、アルコール消毒をするという

順番になっているのです。

 

よく風邪の予防で手洗い「うがい」と言いますが

「うがい」でも順番があるのですよ。

 

口の中を含ませてゆすいでから、うがいをしないと

肝心な喉に口の中に潜んでいる微生物を付着させてしまいます。

微生物は湿気がある場所が好きなので

口の中に食べカスなどが残っていると

微生物の住処になる事があるのです。

 

だから口の中をゆすいで、キレイにしてから

うがいをするという順番になっているのです。

 

その他にも食品工場では

機械や器具洗浄してから、乾燥させるとか

原料の汚れを落としてから殺菌するなど

人の動線も含めて作業の順番が決められています。

 

決められている作業や工程には必ず意味があり

順番を守ることで品質を安定させることが出来ます。

 

食品工場に限らずですが

一つ一つの行為には効果的な順番があることを

意識するだけで普段、何気なく行動していたことに意味が生まれ

見える景色が変わるかもしれませんよ。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2017.6.25 mint

 

Translate »