いよいよ突入 夏本番!これからの季節は食中毒に気を付けて!!

こらから少しずつ外気温が高くなると思います。

熱中症に気を付けるのはもちろん!なのですが

食中毒にも注意しないといけません。

 

実は多くの微生物36℃付近

一番早く増殖します・・・

 

ということは夏場は猛スピードで微生物増えるのです。

特に車内やアスファルトの表面などは50℃を超えています・・・

 

断熱効果がある発泡スチロールに保冷剤を入れて

家の玄関に食材を配達したまま、放置しているなんて風景を

たまに見かけますが、いくら冷やしているからと言っても

配達されてから長時間、玄関に食材を放置していると

調理で熱を加えない食材は、食中毒の菌が増えている可能性があります。

 

車の中も、かなり危険です!

食材を買って車に放置したまま、用事を済ませたなんて事をすると

買った食材によりますが、刺身など生で食べる食材は

ヒスタミンを生成している可能性がありますし

魚に付着してる腸炎ビブリオなどは、微生物の中で最も早く増殖するので

少しの油断が食中毒に繋がります。

 

それ以外にも、朝作った食材を部屋に置きっぱなしにして、夜食べることも

夜作った料理を冷蔵庫入れずに放置して、翌朝食べることも危険です・・・

 

夏は冬に比べて圧倒的に食中毒のリスクは高くなりますが

食材を長時間、外や室温に放置しないとか

食材の買い物は帰る直前にするなど、少しの注意!少しの工夫!で

食中毒のリスクを減らすことが出来ます!

 

これから暑くなりますが

食中毒には注意して下さいね。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2017.7.1 mint

 

Translate »