カンピロバクター食中毒の増加が止まらない・・・

このコラムでも何度も、カンピロバクター食中毒について取り上げていますが、

政府もカンピロバクター食中毒には注目しています。

関連記事

食品衛生法改正!主要テーマ(食中毒対策)

 

2018.4.15 発行分の内閣府食品安全委員会の資料でも

「食品健康影響評価のためのリスクファイル―鶏肉等におけるカンピロバクター(ジェジュニ/コリ)-」の改訂にいて審議されている。

 

僕が考える問題点は大きく2点!

⒈ 鶏に感染しても害がないので、外観からは見分けが付かないこと

加熱をしないで提供している人が居る

関連記事

何故?カンピロバクター食中毒の発生件数が急増したのか?

色んな微生物の発症菌数をまとめてみました!

※カンピロバクターは75℃1分で死滅します。

 

「⒈」については、どうしようもない事だと思います・・・

特に重要なのは「⒉」なのですが、どれだけ注意を呼びかけても

加熱用の食肉を生で提供する人が居るのです。

関連記事

生レバー提供の焼肉店に県警が・・・店主を逮捕へ!

 

政府も厳しく取り締まる姿勢で、各都道府県に正式な通知文書を発行していますが、

その手を緩めるつもりはなさそうです。

 

カンピロバクター食中毒はギラン・バレー症候群という

後遺症を残してしまう可能性がある恐ろしいものです!

 

加熱すると殺菌出来るので鶏肉は必ず!加熱して食べるようにして下さい。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2018.4.20 mint

 

Translate »