包装テスト品が商品に?どうすれば出荷前に気付けたのか?!

東京名物とも言える有名なお菓子「東京ばな奈」パンダバナナヨーグルト味で

包装テスト品が間違って販売されたという事故が発生しています。

 

内容としては包装の状態を確認するために

意図的に小さな穴を開けたテスト品が販売されてしまい、

お客様からのお申し出で、その事実が発覚したというものです。

 

テスト品は包装している表面にマジックで大きく「×印」が記載されていて

尚且つ、穴が開いている部分を丸で囲っています。

 

ここまで混入防止対策をしてても、テスト品が出荷されてしまうのです・・・

 

では、どうすればこの事故が防げたのでしょう?

 

大量に生産している商品は、包装から箱詰めまで自動になっていることが多いです。

 

恐らく横ピローという方式の包装形態で、包装された商品が

コンベアの上を自動的に流れていって

無人のまま箱に詰められるという動線になっていると思います。

 

意図的に穴を開けた商品はラインの途中から

人が商品を流したのだと思いますが、

せっかく目印とした「×印」が、コンベア上で下面になっていたら

後の工程で見付けることは困難になります。

 

袋に一周分マジックで線を入れて、裏表に「×印」を付けるとか

テスト終了後には必ず、テスト品が全て回収されていることを確認しておかないと

ただ「×印」を付けるだけでは、誤って出荷してしまう可能性があるのです。

 

その他にも関係する人達に○○日の○○時に

テスト品を流すから、注意して確認しといてね。

最終的にテスト品を回収するまでは、出荷しないでね。と

アナウンスをしておかないと、誰にも気にされず

いつも通り出荷されてしまいます・・・

 

テスト品を出荷してしまった!という事故は

「出荷前」に必ず回収していることを確認すれば防げます!

 

自動化が進んでいる今の時代だからこそ

些細なことでもコミュニケーションを取りながら、作業を進めたいですね。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2018.11.21 mint

 

Translate »