アニサキス食中毒が多発!どうすれば防げるのか??

アニサキス食中毒で体調を崩したという事故が多発しております。

 

アニサキスとは魚に寄生する生き物(虫)で、

アニサキスが寄生した魚を食べることによって

体内にアニサキスを侵入させてしまい、

その結果!食中毒になってしまうのです・・・

 

僕らは日本人は魚を「生で食べる」文化があり、

魚を捌くときにアニサキスを除去できていないと

知らずに食べてしまう事があります。

 

そんなアニサキス食中毒をどうすれば予防できるのか?というと

アニサキスは生き物なので過酷な条件化では、生き続けることが出来ません。

 

例えば「-20℃」で「48時間」冷凍すると死滅するのです。

関連記事

生カツオが姿を消す?アニサキスの問題で冷凍カツオに切り替えが急増!

 

海外では魚を冷凍することが、輸入の条件になっているところもあるんだよ。

 

その他にも加熱すれば、死滅しますし、食べるときに噛んでも死滅します。

 

低い温度帯で魚を管理していれば、微生物の問題はクリア出来るかもしれませんが、

アニサキスは生存しています・・・

 

漁獲するとすぐに船内で魚を冷凍して、新鮮なまま市場に運び込むことで

アニサキス食中毒は防げます!

 

食中毒を発生させない方法が、分かっているのに

実行しないのは、もったいないですよね?

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2018.11.19 mint

 

Translate »