人気串カツ店で外国人の留学生を不正労働!!

人気串カツ店で法定労働時間を超えて

外国人留学生を労働させたとして

有罪判決が出ております・・・

 

食品業界ではよく外国人を実習生として受け入れ、

住み込みで労働させております。

 

その理由としては賃金が安い (地域の最低賃金)ことや

早朝や深夜作業、休日出勤が可能で

基本的に、休む心配がないことが挙げられます。

 

日本に住む「日本人」ではありえない事ですよね?

だから求人を出しても人が集まらない企業は

外国人の実習生に頼るのです!

 

別に外国人の実習生に頼るのはいいのですが、

労働できる期間が三年などと決まっており

いつかは仕事を教え込んだ子たちが、帰ってしまうのが現状です。

人が集まらない、採用しても続かない・・・

 

そのような状況には、何か理由があるのではないでしょうか?

 

人が集まらないから、商品が作れない状況にも関わらず

納品義務を優先して、不正労働させてまで品質が悪い商品を

作る意味があるのでしょうか?

 

企業としては、勇気が必要な決断かもしれませんが

生産量や取引先との関係を優先して

自社のキャパを超えた仕事をしているなら

「出来ない!」と断る選択をすることも

会社を守る手段の一つかもしれませんよ。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2017.7.26 mint

 

Translate »