全米のスターバックス8,000店舗が一斉休業で研修を実施!

日本でも有名なコーヒーチェーンのスターバックスが

人種的偏見をなくすためのを研修を全米で一斉に行います。

 

対象となるのは全米の直営店8,000店舗で、5月29日(日本時間30日)は

スターバックスのコーヒーが飲めないという人も出てきそうです。

 

事の発端は、4月12日にフィラデルフィアの店舗に待ち合わせで入店して黒人男性2人が

商品を注文しないままトイレを使おうとしたところ

店側が使用を認めず!警察に通報し、黒人男性2人が逮捕されるという事件です。

 

この逮捕の瞬間がSNSを通じて全米に拡散し、

人種差別だという意見が集中することになり・・・

スターバックスの商品を買わない運動にまで発展したのです。

 

この一連の流れを受けて、今回の研修を実施することに至っています。

 

研修の内容としては従業員が少人数でグループを作り、

自分たちの体験談を語り合ったり、

人種的偏見についてのビデオを見たりと、

差別の歴史にも重点を置いた内容になっているみたいです。

 

すでに経営陣は同研修を修了していて、

今回、従業員を対象とした研修が終わると

内容が公開される予定になっているとの事なので、

他の企業でも研修に使用出来そうですね。

 

トイレを貸さないことから発展した大規模な対応ですが、

シッカリ!人種的偏見について学んで、

今まで以上のサービスを提供してくれることを願っています・・・

 

日本でも同じような問題があると思うので、

僕らもこの件から学ぶことは沢山ありそうです。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2018.5.30 mint

 

Translate »