食品(商品)事故を公表する必要性について

こんばんは。

 

昨日に引き続き、異物混入事故についての記事です。

 

添付している「お詫び」を読んで何を感じますか?

金属混入に関する企業からのお詫び文面

※企業名や商品名は隠しています。

 

約二か月前に起きた食品事故について

不安を煽るからと言う理由で

公表しないと判断した内容に

多くの人の関心が集まってしまった結果!

公表せざる負えない状況になってしまった事実です。

※発生日「2017.4.3」公表日「2017.5.26」

 

この事実が、何を意味するのでしょう?

 

正直ここまでSNSが普及していなかった時代なら

僕はこの製品事故を知らなかったかもしれませんし

公表しないという判断は、正しかった?のかもしれません。

 

残念ながら?

今の時代は、誰もが知っているような大きな食品会社

中小企業でも商品事故の内容によっては

世界中の人達に、あっという間に情報(事故内容)が広がってしまう時代です。

 

大手企業が起こした危険異物の商品事故!

内々で処理できる内容ではないはずです。

 

公表するどうこう以外の対応もそうですが

大手企業としての責任を果たして欲しいと思うのは僕だけでしょうか?

関連記事

食品の自主回収情報を報告!することを義務化

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2017.5.28 mint

 

Translate »