保育所が提供した給食にステンレス製のたわし片が・・・女児の体内で破片を発見!

北海道小樽市にある保育所が、給食で出した厚焼きたまごに

ステンレス製のたわし片が混入するという、事故が発生しております。

 

事故が発覚した経緯としては、6歳の女児が厚焼きたまごを食べた際に

長さ約2cm、幅1mm程度の異物を吐き出したので

念のために医療機関のレントゲン検査を受けたところ

なんと!体内でも長さ1cm弱の異物が発見されたのです(驚)

 

ステンレス製のたわしは、頑固な汚れが、よく落ちると思われていますが

実は汚れを落としているというよりは、表面を削ることで

キレイになっているように、見えているだけなのです!

 

しかも表面には細かな傷が残り・・・

その隙間に汚れが入り込むので、ステンレスたわしを使えば使うほど

汚れやすくなっていきます。

 

食品工場では金属製のたわしは、持ち込み禁止となっていて

今では汚れがよく落ちるメラミンスポンジも、ポロポロと剥がれ落ちて破片が異物になるので、

持ち込みが禁止になりました!

 

一般的に使用されているのは、次亜などに耐性のある

キッチンスポンジなのですが、食品に混入しても発見しやすい

「青」が よく使われています。

 

給食などは、異物検出機を使用していないので

ステンレスたわしのような、一部が破損して無くなっても

気付けないものは、調理後に発見することが出来ません・・・

 

飲食店でも同じですが、調理後の食品を異物検査をせずに

お客様に提供するような場合は

食材が直接触れるような場所に「ステンレスたわし」を使用しない方が

安全な食品が作れると思いますよ。

 

最後になりますが、体内で発見された異物が一日も早く!

安全に外に排出されることを願っています。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2018.2.20 mint

 

Translate »