神戸牛の偽装でJA全農兵庫に必要措置命令!!

JA全農兵庫の直営レストランが一般的な但馬牛(兵庫県産の黒毛和牛)を

神戸牛だと偽って提供していた問題に対して

農林水産省が必要措置命令を出しました。

 

兵庫県産の黒毛和牛の中でも

神戸肉流通推進協議会による格付け基準を満たした牛肉を

但馬牛と呼んでいて、その中でも更に厳しい基準をクリアした牛だけが

日本三大和牛の1つである「神戸牛(神戸ビーフ)」の称号を得ることが出来ます!

 

実は・・・問題となったJA全農兵庫の直営レストラン(神戸プレジール本店)には

僕も行ったことがあり「神戸牛フィレ肉」を食べました。

 

偽装されていたとされる期間(2011年10月以降)に行ったので

食べた牛は神戸牛ではなく!但馬牛だったんですね・・・

まったく気付きませんでした(汗)

 

店内は少し暗めの落ち着いた雰囲気で高級感があり、

カウンターの目の前にある鉄板で、お肉やその他の料理を調理してくれます。

前菜から食後のデザート⇒コーヒーと小菓子に至るまで

僕らの食事のペースに合わせて、タイミングよく料理が運ばれ、

ステーキに限らず!どの料理を食べても美味しかった記憶があります。

ちなみにデザート以降は部屋が変わり、カウンター席から

座り心地のいいソファー席に案内される配慮までされていました。

 

また行きたいと思っていたので残念です・・・

 

今回の事故を教訓にシッカリとした再発防止策を講じて

営業を再開した際には、失った信用を取り戻すためにも

今まで以上に最高のサービスを提供して下さいね。

 

その時には必ず!「また食べに行きます!!」

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2018.2.18 mint

 

Translate »