もう一度!情報を整理してみよう!HACCP「制度化」と「義務化」

ここ数年、食品業界では「HACCP」という言葉をよく耳にしますよね?

 

それには理由があって平成30年6月に

食品衛生法の一部を改正する法律が公布され、その内容の中に

「HACCPに沿った衛生管理の制度化」というものがあります。

関連資料

HACCPに沿った衛生管理の制度化 (厚生労働省資料 参照)

 

このコラムでも何度か取り上げましたが、

2020年の東京オリンピックまでに食品安全を確立して

世界に日本の食品は安全であることをアピールするのが狙いです。

関連記事

食品衛生法改正!主要テーマ(HACCPの制度化)

HACCPに沿った衛生管理の制度化に関するQ&Aの内容まとめ

 

そんな東京オリンピックまで、残すところ1年となり

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理を構築するのも

ラストスパートに入っている企業も多いのではないでしょうか?

 

「HACCP義務化!」というフレーズをよく聞く今だからこそ

もう一度、情報を整理してみましょう!

 

厚生労働省が発表しているのは

HACCPに沿った衛生管理の「制度化」です。

制度:定められた決まり

義務:しなければならない務め

 

すべての食品会社がHACCP認証を取得しなければならない訳ではなく

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理を

各食品会社でルールとして定めて運用して下さいね。という事が

今回、国が発表した内容なのです。

 

だから、あなたの会社に合うように

食品安全を確保するための決まり事をみんなで考えて運用すれば

それでいいのです!

 

2020年も間近に迫りHACCPという言葉に敏感になっている

食品会社さんもあると思いますが、

HACCP認証を取得することが義務ではない!という事が分かれば

気が楽になるではないでしょうか?

 

さあ!HACCPの制度化、一緒に頑張りましょう!!

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2019.1.29 mint

 

Translate »