食品リコール (自主回収)情報を一元的に確認できるシステムを構築!2021年6月までに!!

2021年6月までに消費者の健康被害に繋がる商品回収が発生した場合は

行政に届け出ることが義務化になります!

※健康被害に繋がる商品回収:食中毒や異物混入、アレルギー表示の欠落など

関連記事

食品衛生法改正!主要テーマ(回収情報を把握する仕組みの構築)

食品の自主回収情報を報告!することを義務化

 

何度か、このコラムでも取り上げたのですが、

2018年末に下のリンクが消費者庁から公表されたので

再度、紹介したいと思います。

関連リンク

食品表示法の一部を改正する法律の概要

食品リコールの報告(事業者用)

食品リコールの報告(消費者用)

※消費者庁資料 参照

 

消費者の方が確認できる情報としては、回収の対象となる商品の

1. 商品名

2. 回収理由

3. 想定される健康被害などが

「オンライン上のシステム」で確認できるようになります。

 

以前も問題を提起したのですが、課題は

オンラインじゃないと確認できないということですよね?

 

今の時代は、どんどんデジタル化が進んでいて

商品の問い合わせなども、ホームページから必要情報を入力するようになっているし、

お問い合わせ用の電話番号を掲載していない企業もあります。

 

ここで問題なのはパソコンなどの機器がないと、お問い合わせできないということです。

この問題は食品リコール情報の確認にも同じことが言えるのではないでしょうか?

 

情報提供の第一歩としては良いと思いますが、

携帯やパソコンを持っていない人にとっては、

今回のリコール情報の配信は意味がありません・・・

 

個人情報など色んなことが関わってくることなので、

全ての人に確実に!というのは難しいかもしれませんが

一人でも多くの人にリコール情報が伝わる仕組みを構築して欲しいですね。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2019.1.31 mint

 

Translate »