納得!セブンイレブン単独首位☆

主要コンビニエンスストア6社の

2017年2月度の単体決算で

セブンイレブンが二位を大きく引き離し

他社を圧倒したという結果になっています。

 

その背景には、様々な戦略があるのでしょうが

僕が消費者の立場から感じることは

美味しいもの」をお客さんに届けるという気持ちが

他社に比べて強いのかな?って思います。

 

例えば、今でこそ普通になっていますが

レジの前に陳列されているドーナツ・・・

少し前までは、一つ一つ袋に入れられていませんでした。

 

僕の認識ではセブンイレブンさんが

一番初めに、個包装を始めたと思っています。

 

では何故?

一つ一つ袋に入れるようになったのでしょう?

包材の値段が、余分にかかるので

コストはもちろん上がります・・・

 

でも包装することで、少しでも乾燥を防ぎ

瑞々しく「美味しい」ドーナツを

提供することが出来るのです!

 

コストが上がってでも

「美味しい」食品を提供する!

この気持ちが首位で居続けられる

要因なのだと、僕は思います。

 

ほとんど全てのコンビニエンスストア

レジの近くに、から揚げなどの

すぐに食べられる一品を保温された状態で

陳列していますが

 

多くの店舗が保温状態のまま

紙製の袋に、食材を入れるような状況の中

ミニストップさんは必ず!

食材を温め直して、お客さんに提供しています。

 

美味しい食品を提供するために

小さなひと手間をかけられる

コンビニエンスストアが

これからは、評価される時代になったのだと思います。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2017.4.26 mint

 

Translate »