健康?食品の被害報告を義務化へ!

厚生労働省が健康食品による「健康被害」を

「国に報告する」ことを義務付ける!と提言した。

この内容は食品衛生法に盛り込まれる見込みだ!

関連記事

食品衛生法改正!主要テーマ(健康食品の管理)

 

特定保健用食品(通称:トクホ)のように

国が定めた規制を満たした商品もあるのですが

 

特定保健用食品のマーク

 

国の認証を得ていないにも関わらず

「健康」を謳い文句に販売されている商品もあります。

 

国の認証を得ていない!と言うことは

商品に含まれる成分に法的な規制がないのです・・・

 

残念ながら国の認証を得ていない商品から健康被害も発生しています。

健康を求めて購入した商品で、健康被害では騙された気になりますよね?

 

僕は健康食品やサプリメントと聞くと

「薬」と同等のイメージを持ちます。

 

恐らく健康食品を購入する人は

スタイルも含めて体や心の調子を良くしたい!と思っているはずです。

 

そんな位置付けである健康食品で被害に遭うと・・・

消費者にとっては想像以上に大きなダメージですよね?

 

今回、厚生労働省が発表した

「被害情報を国に集め共有する」という内容はお客様を安心させ!

満足してもらう事が出来る!商品作りに繋がるのではないでしょうか?

 

商品の自主回収状況の報告は義務化になりましたが

健康被害も共有出来る仕組みになれば、より安心ですね。

関連記事

食品の自主回収情報を報告!することを義務化

商品事故を公表する必要性について

 

ただ情報を集める限りは、不安を煽らないように国が責任を持って!

公表したり規制する内容をシッカリ考える必要はあるけどね!?

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2017.11.14 mint

 

Translate »