こんにゃくゼリーVS 餅(もち) さあ!どっちが安全??<2>

前回の投稿で島根大学医学部附属病院臨床研究センター 大野教授の

こんな問いかけを紹介しました。

※初めてこの記事に辿り着いてくれた方は

このテーマの<1>から順に読んで下さいね。

 

【どっちの食品のリスク(窒息)が高い?】

「餅 VS こんにゃくゼリー」

あなたの答えはどっちですか??

 

【答え】

「窒息事故の頻度」

 ・餅⇒1億人あたり「6.8~7.6人」が窒息事故を引き起こしてしまう。

 ・こんにゃくゼリー⇒1億人あたり「0.14~0.33人」が窒息事故を引き起こしてしまう。

※食品安全委員会資料参考

 

結果を見てどう思いましたか?

こんにゃくゼリーの「約30倍」!餅の方が窒息事故の頻度が高いのです!

 

それでは、次にこんな質問をしてみたいと思います。

 

【窒息で病院に搬送された原因食材No.1は「餅」である】

 

あなたは、どう思いますか?

 

【答え】

餅はワースト6位(平成29年度のデータ)

 

ではワースト1位は何だと思いますか?

第三位 肉

第二位 ご飯

第一位 おかゆ類

 

消化が良くあまり噛まなくても、喉を通りやすいと考えられている

「おかゆ類」が、窒息で救急搬送された食材のワースト1なのです。

※東京消防庁資料参考

 

「喉に詰まらせる」という目線で考えると、

どんな食事もリスクがあると、想定することが出来ますよね?

 

食材はよく噛んで、ゆっくり食べることを心がけたいですね。

 

大野教授は、こんなことについても問いかけています。

先入観があると危険性を過大評価してしまう?

 

この問いについては、次回の投稿で紹介したいと思います。

 

こんにゃくゼリーVS 餅(もち) さあ!どっちが安全??<3> へ続く

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2019.1.23 mint

 

Translate »