生産ラインの破損確認は?雪見だいふくにプラスチック片!

ロッテさんから発売されている

雪見だいふく(クッキー&クリーム)に

プラスチック片が混入するという商品事故が発生しています。

 

雪見だいふくの商品写真

 

アイスの状態を確認するための小窓が破損して

混入してしまった可能性が高いとのことです・・・

ここまでに3件のお申し出があり

拡散性が高い問題ということから最終的には

対象となる3万2千個を自主回収すると発表しています。

関連記事

食品の自主回収情報を報告!することを義務化

 

2017年9月5日に製造した商品らしいのですが

約一ヵ月もの間、アイスの状態を確認する小窓を

誰も覗かなかったのでしょうか・・・

 

プラスチック片は異物の検出機で発見できません!

目視で見付けるしか取り除く方法がないのです。

 

アイスは自動化された生産ラインで大量に作られています。

食品が接触するラインや、その付近は最低でも作業前後や

商品を切り替える度に破損していないか?の確認をしていないと

今回のように異物が混入しているかもしれない商品を

「大量に」出荷してしまうのです・・・

 

大きな食品工場になると確認すべき場所が多く!大変だとは思いますが

プラスチックのような壊れやすい素材が使われている場所は

必ず確認するようにしたいですね。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2017.10.14 mint

 

Translate »