流通業界の人材をカスタマーハラスメントの被害から救助!!

時代の流れと共に複雑化!対面販売で働くことの責任と苦悩・・・」の記事でも書きましたが

流通業界で働く人の7割が

「度を越えた必要以上のクレームを受けたことがある」と感じています・・・

 

これは「カスタマーハラスメント」と呼ばれていて

ハラスメント(嫌がらせ)なのです!

 

こういった悪質な嫌がらせは、従業員とお客さんという立場を利用して

自分は強く攻撃される心配がないような状態で行われます。

 

だから従業員の側は、ただ聞くしかない状況がほとんどです・・・

 

そんな理不尽な嫌がらせは、周りに居る人も不愉快になるし、

場合によっては「営業妨害」にもなると思います。

 

「お客様は神様です!」という言葉がありますが、

神様ならハラスメントはしないはずです。

 

もし間違ったサービスを提供してしまったとしたら

嫌がらせなどせずに、正しい方向に導いてくれるのではないでしょうか?

 

だからお客様「すべて」が、神様ではないのです!

 

強気に出ると、もう来てくれないかもしれないとか?

悪い噂をするんじゃないか?とか

考えるかもしれませんが、多分もう来ないし

悪い噂もすると思いますよ・・・

 

カスタマーハラスメントに繋がるケースに限りですが、

理不尽な嫌がらせをお客さんだからと言って、全て受け入れていると

流通業界で働く優秀な人が、居なくなる可能性がありますよね・・・

関連記事

このままでいいのか?食品産業で深刻な人員不足・・・

 

クレームに関しては必ず専門の部署で対応するなど

店頭などで直接、話を聞かなくてもいい仕組みが作れると

少しはカスタマーハラスメントが減るかもしれません。

 

もちろん!真摯に耳を傾ける必要がある話も、たくさんあると思いますが。

厚生労働省もカスタマーハラスメント対策の検討に着手しているみたいなので

何か有効な規制が出来ればいいですね。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2018.3.28 mint

 

Translate »