ドーナツから針金状の金属片が・・・どうすれば防げたのか?

フジパン株式会社さんから、販売されている

「ソフトケーキドーナツ(プレーン)」と

「ソフトケーキドーナツ(プレーン&チョコ)」に

針金状の金属異物が混入している可能性があるので

商品を回収するという事故が発生しております。

賞味期限:2018.04.22

 

食品工場などで大量に生産されている食品は

基本的には金属検出機X線異物検出機を通過させて

金属などの硬質異物が入っていないのか?を検査しています。

 

ただ・・・今回のように「針金状」のものは、どの「向き」で

異物検出機に通過させるかによって、検出感度が違ってくるのです!

 

異物検出機には生産の最終工程で通過させているので、

考えられる可能性があるとすると、針金状の異物が

感度の低い向きで混入していて、機械で発見出来なかった!か?

機械では排斥したけど、取り扱いを間違って商品にしてしまったか?の

どちらかが原因だと推測します。

関連記事

異常排斥品の取り扱いはどうして?そんなに重要なのか??

機械の動作確認はなぜ?そんなに重要なのか??

 

対策としては機械の感度を見直して、

針金状の異物がどの向きで混入していても排斥するように再設定する。

※誤排斥が多発しない程度に・・・

ライン上で破損している場所があるなら、何故?破損したのか?

別の場所は同じように破損することはないのか?を調査して

作業前後に確認をする。

そして異物検出機で排斥した商品は、鍵付きのボックスの中に入るようにするなど

誰でもが取り扱えないようにする。

この3つを守れば同じような事故が発生しないのではないでしょうか。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2018.4.10 mint

 

Translate »