フルーツジンジャーエール「40万本」を回収・・・

こんばんは。

 

コカ・コーラさんが販売している

「カナダ ドライフルーツ ジンジャーエール オレンジ」に

カビが付着していると、最終ユーザー様からのご指摘を受け

万全を期して40万本の商品の自主回収を発表しました。

関連記事

食品の自主回収情報を報告!することを義務化

 

フルーツジンジャーエール商品写真

 

ペットボトルに入れられた飲料は

殺菌された中身を「無菌」で管理された部屋で

自動的に充填しています。

 

炭酸はpHが5以下であるため

一般的な微生物増殖しにくいのですが

残念ながらカビや酵母はpH5以下でも増えてしまいます・・・

 

今回の商品事故の明確な原因は、明らかになっていませんが

カビは落下菌検査の項目になる程、一般的な微生物

しかも!舞い上がって、どこにでも移動します。

 

恐らくペットボトルやキャップ、製造環境のどこかに潜んでいたカビが

商品に付着してしまったのでしょう・・・

 

ところで40万本の回収とは、企業にどれほどの損失をもたらすのでしょうか?

当該商品は139円(税込み150円)なので

すべて販売済みだと仮定して、返金したとすると

139円×40万本=55,600,000円(5,560万円)

 

仮に商品の製造や流通や保管に1本50円かかったとすると

50円×40万本分=20,000,000円(2,000万円)

 

製造費用や廃棄費用を考えると

約1億円近くの損失になるのではないでしょうか?

 

小さな微生物でも、最終商品に混入したとなると

企業にとっては大きなダメージになるのです・・・

たかが微生物と侮っていてはダメですよ!

 

余談ですが先月のサントリーさんの

「340万本」の自主回収は、単純計算で今回の8倍以上・・・

 

純利益で8億分の損失って、かなりのダメージですよね。

※金額の計算は正確ではありません。

 

品質管理は利益は生まないかもしれませんが

会社を守る大切な仕事なのですよ!!

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2017.8.5 mint

 

Translate »