ヒューマンエラー?「からあげクン」にビニール片!

ローソンさんで販売している

「からあげクン」にビニール片が混入するという

事故が発生しております。

 

混入原因は肉の乾燥を防ぐために

被せていたビニールを撤去しないまま

誤って成型機に投入してしまったというものです。

 

ビニールの大きさが90×70cmということなので

そんなに小さいものではありません・・・

 

成型機への投入は自動ではなく

恐らく人が実施していると思うので

ヒューマンエラーを要因とする

事故である可能性が高いのですが

今まで、同様の事故が発生していないことから

余程のことがない限り、起きないような

イレギュラーなことが重なったのだと思います。

 

ビニール片は残念ながら

X線を用いた異物検出機や

金属検出機でも発見することが出来ません。

 

仮に90×70cmのビニールが混入したことに

成形された後に気付いたとしても

粉々になっているはずなので

全てを取り除くことは現実的ではなく

対象となる製品は全量廃棄となります・・・

 

対策としてビニールの色を変え、

数量確認をする!となっていますが

そもそもビニールにこだわる

意味があるのでしょうか?

 

乾燥を防ぐことだけを

ビニールの目的としているなら

ステンレスの食缶に肉を入れ、

ステンレスの蓋をする!でもいいのでは?

ステンレスなら破損しても機械で発見出来ます。

 

どこまでのレベルで

ビニールの状態を確認するのかは分かりませんが

小さな破れまで対象としているとすると

大量生産する商品なら混入しない保証をするには

現実的ではない気がします。

 

ビニールにこだわらず

別の素材で乾燥を防止する方法も考えてみると

再発防止についての視野が広がるのかもしれませんね。

 

もちろん!素材を変えるなら

商品の官能検査(味など)を確認する必要がありますが。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2017.4.12 mint

 

Translate »