不公平との意見から「やよい軒」の一部店舗で「おかわり」が有料に?!

定食屋の「やよい軒」さんが

お客様より「おかわり」をしている人も、していない人も

同じ値段なのは不公平だという意見を受け、

一部の店舗でテスト的に「おかわり」を有料にすると発表しました。

 

この件についてフードロスの観点からの意見を申し上げると、

予想外にお腹がいっぱいになって、半分しか食べてないのに、

全部食べた人と同じ料金なのは不公平だ!という意見でも同じことだと思う。

 

おかわりをして決まった分量よりも食べ過ぎるのは、残さないからいいのだけど、

食べきれないのは、フードロスにつながってしまう・・・

 

「おかわり自由」が不公平だというのなら

ご飯やおかずの分量を減らして

その分、割引するというサービスも合わせて実施してみれば

フードロスが少しは減るかもしれない。

 

今回のおかわり有料化のテストは

「改めて定食の価格と、おかわり自由の価格を設定し、

お客様の評価を把握する一環」だとコメントしていますが、

 

各店舗で、提供したどの食材が食べ残されていて

購入しているどんな食材が余っているのか?

それを把握すると、各定食の必要な分量が把握出来るのではないだろうか?

 

人によって、食べる分量が違うから設定することが難しいのは分かるのですが、

調理場のゴミ箱を見れば、何が食べ残されて廃棄しているのか?把握出来るはずです。

 

やよい軒に限らずだが、多くの企業は利益を考え、分量を減らして「安く」するよりも

分量を増やして「高く」することを選ぶことが多いです。

 

ただ・・・廃棄している食材に目を向けて下さい!

その「元」商品を廃棄するのにも、費用が発生しているのです。

 

その他にも食材を保管する冷蔵庫や保管庫の能力も、

食材を入れすぎると能力が低下しますし、

洗い物の作業も廃棄すると一手間増えます・・・

 

その全てを考慮すると量が多い=正義ではないのです!

 

不公平さを見直すには「おかわり」の有料化だけでいいのでしょうか?

必要以上に盛り付けられた定食を残している人は居ませんか?

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2019.4.17 mint

 

Translate »