賞味期限の印字ミス!生産現場はどう捉えてる?

こんばんは!

 

僕が食品事故に注目して、コラムを書きだしてから

よく目にするのが「表示ミス」という事故です。

 

先日も、あるイベントで

賞味期限印字ミスという事故が発生していますが

少し立ち止まって、考えてみて下さい!

 

商品を回収したり、命に関わるような

大きな問題が発生していないから

結果オーライではないですよね?

 

根本は商品を買ってくれるお客様に

安全な商品を提供することが、大事なんですよね?

問題の大きさは、関係ないのです!

 

事故が起きた時に対応をする部署

「すみません」と謝るだけでは、何も前に進みません

 

商品を作っている部署が

起きた問題に真剣に向き合わないと

結局は何も変わらないのです。

 

大きな企業になるほど

生産現場と商品事故に対応する部署が分けられています。

 

だから問題を起こした現場は、他人事なのです!

管理の問題で、部署を別けざるおえないのは分かります。

 

でも、同じ会社で起きている問題に対して

他人事になっている部署があるなら

そこは見直す必要があるのではないでしょうか?

 

管理が出来ないほど人を雇い、部署を細かく分類し

利益を得る?そんな運用は、いつかダメになります。

 

僕らは食品会社の一員であり、誰もが一消費者です。

安全な食品を提供することを!

食品を管理する人材を一人でも多く育てる事を!!

何よりも、第一にしたいですね。

 

Site Map page

Site Mapのイラスト

 

2017.3.21 mint

 

Translate »